ここから本文です

【東京株式市場】注目点は次回米金融政策。ジャクソンホール会議をご存知か

投信1 8/18(木) 7:10配信

株式市場の振り返り-円高進行の一服感を好感して反発、新興市場は6日ぶりの反落

2016年8月17日(水)の東京株式市場は反発となりました。日経平均株価は前日比+0.9%の上昇、TOPIXも+1.0%の上昇で引けています。一方、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は▲1.8%下落して6日ぶりの反落となりました。

日経平均株価は、ほぼ前日終値水準で寄り付いた後、徐々に上値を切り上げて16,700円前後で推移しました。さらに、円高進行の一服感が出た後場の半ば以降、もう一段の切り上げを見せて一時+175円高となる場面がありました。大引けに掛けてはやや売りに押された結果、+149円高の16,745円で終わっています。

東証1部で上昇したのは927銘柄、値下がり919銘柄、変わらず127銘柄でした。東証1部の出来高は17億5,128万株、売買代金は2兆728億円(概算)となっています。出来高、売買代金とも前日より小幅増加となりました。

セクター動向と主要銘柄の動き-33業種中24業種が上昇、金融関連と輸出関連に買戻し

東証1部で上昇したのは24業種、下落したのは9業種でした。上昇率の上位には、金融関連セクターが並んでいますが、原油価格の上昇を受けて鉱業なども上位に名を連ねました。また、円高進行の一服感などから輸送用機器などの輸出関連業種も上昇しています。他方、下落業種にはディフェンシブ業種が多く見られました。

個別銘柄では、コマツ <6301> が年初来高値を更新する大幅上昇となり、日立建機 <6305> も大きく値を上げました。また、日東電工 <6988> 、TDK <6762> 、村田製作所 <6981> などの電子部品・材料株も軒並み上昇しています。その他では、任天度 <7974> も久々の大幅上昇となり、富士重工 <7270> やマツダ <7261> などの自動車株も堅調に値を上げて終わりました。一方、塩野義製薬 <4507> が大幅下落となり、ソフトバンクグループ <9984> も年初来高値を更新後に値を下げました。電機株ではソニー <6758> の下げが目立っています。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 7:10

投信1

チャート

コマツ6301
2813.5円、前日比+96.5円 - 12/8(木) 15:00

チャート

日立建機6305
2543円、前日比+48円 - 12/8(木) 15:00

チャート

日東電工6988
8490円、前日比+86円 - 12/8(木) 15:00