ここから本文です

マカオの新IRウィンパレスが8月22日午後8時開幕=名物オーナーが現地で記者会見

マカオ新聞 8月18日(木)10時9分配信

 米国ネバダ州ラスベガスに本拠地を置く国際カジノ大手、ウィンリゾーツがマカオ・コタイ地区で開発を進める大型カジノIR(統合型リゾート)ウィンパレス(中国語表記:永利皇宮)の開幕がいよいよ次週、8月22日に迫っている。

 ウィンリゾーツは8月17日、現地で記者会見を開催。「ラスベガスを変えた男」とも呼ばれる名物オーナー、スティーブ・ウィン氏が登壇し、オープン時間が8月22日午後8時に決まったことや、リゾート内の特徴的施設の紹介などを行った。

 ウィンパレスのテーマは花で、ラグジュアリーでエレガントな雰囲気に満ちた統合型リゾートになるという。1706の客室・スイート・ヴィラ、ブランドショップや高級レストランが軒を連ねる1万8580平米のショッピングアーケード、多目的会議施設、スパ、ウォーターショーを上演する8エーカーのパフォーマンスレイク、その周辺をめぐるゴンドラ「スカイキャブ」、カジノなどが一堂に会する。

 なお、ウィンパレスは隣接区画に計11エーカーの開発予定地が有しており、第2フェーズとしてフラワーパークの開発などを視野に入れているという。

最終更新:8月18日(木)11時53分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。