ここから本文です

ジョージアの音楽とワインに酔う 27日に10回目の集い

両丹日日新聞 8/18(木) 8:02配信

 欧州の一流演奏家を迎えて生演奏を楽しみ、世界最古のワインが造られた国の美酒を味わう集い「ヴィオラ演奏&ジョージアワインの会」が、27日午後5時から京都府福知山市土師、ホテルロイヤルヒル福知山&スパで開かれる。市民グループの文化とワインに親しむ会主催。

 貿易会社で長く世界を相手に仕事をしてきた山内善朗さん(田野)が、Uターンしてきた中六人部に恩返しをと、グループを作って始めた催し。毎回、下地の中六人部ふれあいセンター(旧中六人部農協)を会場にしてきたが、今年は10回記念ということで、ゆったりした会場に移した。

 集いは、ジョージア(旧グルジア)出身の世界的チェロ奏者、ギア・ケオシビリさんを迎えたのが最初だった。ギアさんが2012年春に急逝した後は、同じく世界で華々しい活躍をし、大阪シンフォニカで首席ビオラ奏者を務めていたザザ・ゴグアさんを迎えて開催。毎回楽しいトークと、優しい音色を楽しんでいる。

 今回は第1部の演奏会で、ザザさんのほか六人部コーラスのみなさんが合唱で参加する。

 第2部は懇親会。ワイン数種類の試飲をする。黒海に面し、ブドウ発祥の地とされるジョージアは、5千年以上昔からワインが醸造されてきた、ワインの古里の国。日本ではまだあまり知られていないジョージアワインを、ザザさんを囲みながらみんなで味わう。

 入場料2500円。申し込み、問い合わせは山内さん、携帯電話090・4599・6606。

両丹日日新聞社

最終更新:8/18(木) 8:02

両丹日日新聞