ここから本文です

木陰 涼んで、味わって

日本農業新聞 8/18(木) 7:00配信

 植物で日よけをつくるグリーンカーテンの新たな素材として、熱帯果樹のパッションフルーツが注目を集めている。長崎県大村市の鈴田峠農園は苗木などのセットを販売し、普及を目指す。

 同農園は、特許取得した独自の網につる性植物をはわせた、筒状に巻いて移動できるグリーンカーテンを考案。害虫の被害が少なく成長が早いパッションフルーツを使って商品化し、2014年に売り出した。

 プランターに植えて網に沿って幅2.5メートル、高さ2メートルに育てた苗木を、肥料や栽培方法、栽培中のサポート込みで8万円で販売。カーテンとしてすぐに使うこともできる。また、例えば春に購入した場合、2カ月ほどで幅3メートル、長さ8メートルのさらに広い範囲で日よけができる。室内で冬越しすることで5年間使える。

 20年の東京五輪・パラリンピックで、マラソン競技のコースや競技場の日よけとして採用を目指す。年に2回、果実を収穫できる利点もあり、代表の當麻謙二さん(51)は「実のピューレを使ったケーキなどの加工品開発にも取り組みたい」と話す。(木村泰之)

日本農業新聞

最終更新:8/18(木) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。