ここから本文です

【リオ五輪】世界トップランカーが次々と脱落 <女子シングルス>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 8月18日(木)18時57分配信

現地8月17日に開催されたリオ五輪・バドミントン競技7日目は、女子シングル準々決勝などが行なわれ、既報の通り、奥原希望が山口茜との日本人対決を制している。奥原のほかにも3人がベスト4入りを果たしており、残すは準決勝、決勝、3位決定戦の4試合。ここでは、17日まで行なわれた女子シングルスの結果について振り返る。

【予選リーグ】
A~Pの13グループに分かれて行なわれた予選リーグは、どのグループも選手間の実力差が比較的大きく、そのほとんどでシード選手が順当に決勝トーナメントに進んだ。だが、ロンドン五輪・銅メダリストのサイナ・ネワール(インド)が格下のマリア・ウルティナ(ウクライナ)に敗れ、予選リーグで敗退する憂き目に遭っている。また、イギリスのカースティー・ギルモアもブルガリア選手に接戦の末に敗れ、決勝トーナメント進出を逃した。

【決勝トーナメント1回戦】
13人が勝ち進んだ決勝トーナメントは、世界ランク上位のキャロリーナ・マリーン(スペイン)、リ・シュェルイ(中国)、ワン・イーハン(中国)の3人がシード扱いとなり、5試合が行なわれた。

好勝負が予想されたシンデュ・P.V.(インド)-タイ・ツーイン(台湾)ではシンデュ・P.V.が、山口茜-ラチャノック・インタノン(タイ)は山口が、ともに世界ランクでは上位の相手に対してストレートで勝利している。このほか、韓国のエース・スン・ジヒュン、タイのポンチップ・プラナパラサラッス、そして日本の奥原希望がベスト8入りを果たした。

【決勝トーナメント準々決勝】
実力者8人による争いとなった準々決勝。日本人同士の対戦となった奥原希望-山口茜は、奥原がファイナルゲームの末に山口を下し、日本人としてこの種目初のベスト4入りを果たした。

このほか1回戦をシードされたキャロリーナ・マリーン、リ・シュェルイはともに危なげない試合運びで勝ち星を手にしたが、ロンドン五輪・銀メダリストのワン・イーハンは、シンデュ・P.V.に19本、20本の接戦で敗れている。

準決勝は、キャロリーナ・マリーン-リ・シュェルイ、奥原希望-シンデュ・P.V.の2カード。前者は14・15年世界選手権覇者(マリーン)とロンドン五輪金メダリスト(リ・シュェルイ)が相見える。

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:8月18日(木)18時57分

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]