ここから本文です

W杯決勝以来のライバル対決 NZ10番はバレット、豪州には欧州組が復帰

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 8/18(木) 13:23配信

 南半球の強豪4か国が競うラグビーチャンピオンシップが8月20日に開幕する。シドニーでのオープニングゲームで顔を合わせるオーストラリア(ワラビーズ)とニュージーランド(オールブラックス)は、昨年のワールドカップ決勝以来の対戦で、両国間には80年以上の歴史があるブレディスローカップもかかっており、注目の一戦だ。
 昨年のラグビーチャンピオンシップはオーストラリアが制したが、ブレディスローカップはニュージーランドが13年連続で死守し、ワールドカップで栄冠を掲げたのもオールブラックスだった。

ハリケーンズがスーパーラグビー初優勝! 鉄壁の守りでライオンズ下す

 今年のスーパーラグビーはニュージーランド勢が強さを見せつけ、ハリケーンズを初優勝に導いたSOボーデン・バレットが開幕戦で黒衣の10番をつける。6月のウェールズとのテストシリーズ2試合で先発したSOアーロン・クルーデンはリザーブとなった。

 バレットのチームメイトで今季大ブレイク中のFLアーディー・サヴェアはベンチスタート。7番はサム・ケインがキープした。

 オールブラックスは、7人制代表としてリオデジャネイロオリンピックに参加していたソニービル・ウィリアムズが日本戦でアキレス腱を部分断裂し、ジョージ・モアラは今週火曜日のトレーニング中に膝を負傷して離脱したため、ミッドフィールドの選手層が心配されているが、20日の試合はインサイドCTBがライアン・クロッティ、アウトサイドはマラカイ・フェキトアで臨む。
 15番はイズラエル・ダグで、ベン・スミスは右WTBで先発。世界最高のブラインドサイドFLのひとりと称されるジェローム・カイノは、自身にとって70キャップ目のテストマッチとなる。

 一方のオーストラリアは、14年ぶりのブレディスローカップ奪還を目指し、今季3試合あるライバルとの対決初戦は唯一のホームゲームということでなんとしてでもモノにしたいところ。6月はイングランド相手に3連敗を喫したが、そのとき不在だった欧州組、SHウィル・ゲニア、CTBマット・ギタウ、WTBアダム・アシュリークーパー、SOクウエィド・クーパー、WTBドリュー・ミッチェルがスコッドに復帰しており、戦力は上がっている(クーパーとミッチェルは、20日は試合登録メンバー外)。

 マイケル・チェイカ ヘッドコーチは昨年はほとんどの試合で6番をスコット・ファーディーに任せていたが、かつて釜石シーウェイブスでもプレーしたことがあるハードワーカーのファーディーは第1戦はベンチで待機となり、これまでNO8での出場が多かったベン・マッカルマン(昨季パナソニック所属)がブラインドサイドFLで先発する。

 また、オールブラックスのスキルコーチとして昨年のワールドカップ優勝に大きく貢献したミック・バーンが7月からワラビーズのコーチングスタッフに加わっており、見どころの多い一戦となりそうだ。

<オーストラリア>
1.Scott Sio  2.Stephen Moore  3.Sekope Kepu  4.Kane Douglas  5.Rob Simmons  6.Ben McCalman  7.Michael Hooper  8.David Pocock  9.Will Genia  10.Bernard Foley  11.Dane Haylett-Petty  12.Matt Giteau  13.Tevita Kuridrani  14.Adam Ashley-Cooper  15.Israel Folau

〔リザーブ〕
16.Tatafu Polota-Nau  17.James Slipper  18.Allan Alaalatoa  19.Dean Mumm  20.Scott Fardy  21.Nick Phipps  22.Matt Toomua  23.Rob Horne


<ニュージーランド>
1. Wyatt Crockett  2. Nathan Harris  3. Owen Franks  4. Brodie Retallick  5. Samuel Whitelock  6. Jerome Kaino  7. Sam Cane  8. Kieran Read(主将)  9. Aaron Smith  10. Beauden Barrett  11. Waisake Naholo  12. Ryan Crotty  13. Malakai Fekitoa  14. Ben Smith  15. Israel Dagg

〔リザーブ〕
16. Codie Taylor  17. Kane Hames  18. Charlie Faumuina  19. Liam Squire  20. Ardie Savea  21. TJ Perenara  22. Aaron Cruden  23. Julian Savea

最終更新:8/18(木) 13:23

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]