ここから本文です

MSNのバックアッパー候補にプレミアで活躍する189cmの大型FW浮上 バックアッパーとしては大満足か

theWORLD(ザ・ワールド) 8/18(木) 1:52配信

パワー、高さ、スピードを兼ね備えるFW

セビージャへ移籍したルシアーノ・ビエット、アトレティコ・マドリードへ移籍したケヴィン・ガメイロ、バレンシアFWパコ・アルカセルなど複数のストライカーをMSNのバックアッパー候補としてチェックしていたバルセロナは、プレミアリーグで活躍する189cmの大型FWにも注目しているようだ。

英『Daily Mirror』は、バルサがWBA所属FWサロモン・ロンドンに関心を示していると報じた。ロンドンは昨夏にWBAへ加入し、持ち前のスピードとパワーでプレミアリーグの環境に適応。昨季もリーグ戦で9得点挙げており、今季も開幕戦のクリスタル・パレス戦で貴重な決勝点をマークしている。

同メディアは他にもバルサがニューカッスルFWアヨゼ・ペレスもチェックしていると伝えており、プレミアリーグで活躍する選手たちも狙われている。特にロンドンは今のバルサにはいない高さで勝負できるFWで、試合途中からロンドンのような選手が出てくるのも面白い。

WBAにとってはFWサイード・ベラヒーノと並んで非常に重要な選手だが、わずか1年で奪われることになるのか。同メディアはWBAがバルサの急襲を恐れていると伝えており、ロンドン獲りに本格的に動いてくるのではと警戒しているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/18(木) 1:52

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革