ここから本文です

【動画】東・北日本太平洋側 しばらくぐずつく 西日本は引き続き猛暑(18日19時更新)

ウェザーマップ 8月18日(木)19時9分配信

ウェザーマップ

 この先しばらくは、東・北日本の太平洋側はぐずついた天気になりそうです。西日本では、19日(金)も猛暑となるでしょう。

 19日(金)は、北海道から東北に前線が停滞する予想です。また、日本の東にある高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込む関東から北の太平洋側では、雲が広がりやすくなりそうです。この高気圧は、しばらくあまり動かない予想です。そのため向こう一週間、仙台や東京は湿った空気の影響を受け続け、くもりや雨のすっきりしない天気が続くでしょう。

 19日(金)は、西日本を中心に晴れる見込みです。東京や仙台は、昼間は多少日差しが出るものの、朝や夕方以降は厚い雲に覆われて、雨が降るところもありそうです。気温は、西日本を中心に引き続き35℃以上の猛暑日のところが多く、厳しい暑さが続きます。また、午後は山沿いを中心に、にわか雨や雷雨のところがありそうですので、天気の急な変化にご注意下さい。
(気象予報士・平出真有)

最終更新:8月18日(木)19時9分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。