ここから本文です

【リオ五輪】キレッキレダンスで話題の重量挙げ選手、笑顔の裏にあった思いが泣ける

BuzzFeed Japan 8月18日(木)11時59分配信

リオ五輪ウエイトリフティング男子105キロ級に出場したキリバスの重量挙げ選手デビッド・カトアタウさんの試技後に見せるキレッキレのダンスが世界中で話題となっています。

カトアタウさんはバーベルを持ち上げるのに成功しても、失敗しても白い歯を見せ、キレのあるダンスを披露。会場からは大きな声援と拍手が送られました。

ダンスは2014年のコモンウェルスゲーム(イギリス連邦に属する国や地域が参加し4年ごとに行われる競技大会)で優勝して以来、カトアタウさんのトレードマークです。

リオ五輪の開会式ではキリバスの旗手も務めましたが、この時も踊りまくってソーシャルメディアで話題となりました。

カトアタウさんの笑顔と明るいダンスの裏には、キリバスへの切実な思いがありました。

故郷である太平洋の島国キリバスは、海面水位の上昇により水没の危機に瀕しています。平均海抜はわずか2m。温暖化による海面上昇で、2050年には首都タワラの8割が水没すると予想されています。

海面上昇により飲料水や耕作地が海水で汚染。気候変動の対策に国家予算が回され、教育や保健・医療などの公共サービスに十分なお金が行き届きません。

ロイター通信の取材に対し、カトアタウさんは公開書簡を昨年コモンウェルズ連盟に配布。海面上昇で故郷が失われる事実を各国に訴えたことを明かしました。

「多くの人はキリバスのことを知らない。重量挙げを通してもっと僕たちについて知ってほしい」

カトアタウさんは、その思いを胸にバーベルを挙げ、そして笑顔で踊り続けます。リオ五輪では17人中14位。次の目標は2018年のコモンウェルスゲームです。

最終更新:8月18日(木)11時59分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。