ここから本文です

「或る列車」佐賀へ 駅もリニューアル 新幹線開業に向け、佐賀県とJR九州が連携

乗りものニュース 8月18日(木)14時31分配信

昨夏デビューの「或る列車」、「佐賀コース」は初

 JR九州は2016年8月16日(火)、2022年度に予定している九州新幹線西九州ルートの開業効果向上と、佐賀県内の魅力向上を目的に、佐賀県と包括的連携協定を締結しました。

 協定では、駅周辺のまちづくりや佐賀~博多間の輸送力強化、ICカードエリアの拡大、観光開発に関することについて連携していくとしています。協定の有効期間は九州新幹線西九州ルート開業後1年が経過する日までです。

 協定の第1弾として、長崎本線の佐賀駅(佐賀市)では今年9月から10月にかけて、駅コンコースへのデジタルサイネージ設置や、一部店舗のリニーアル、南口、北口の駅名サインの白色LED化などが実施されます。

 また、スイーツを楽しめる観光列車「或る列車」が特別企画として「佐賀コース」で運行されます。昨年夏から「大分コース」(大分~日田)と「長崎コース」(佐世保~長崎)を走ってきましたが、これ以外では初の運行です。

 11月23日(水、祝)に、佐世保~唐津間を佐賀経由で1往復運行。JR九州旅行から団体ツアー(募集型企画旅行商品)として発売される予定です。JR九州によると、スイーツは佐賀県産の食材を使用したものを検討中としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:8月18日(木)16時55分

乗りものニュース