ここから本文です

東京の音楽シーンを支える映像作家 dutch_tokyoに聞いた「いまを生きる」若手ミュージシャンの肖像

SENSORS 8/18(木) 17:01配信

Suchmos、篠崎愛などSENSORSでも取り上げた新進気鋭の音楽アーティストのMVを担っている映像作家がいることをご存知だろうか。弱冠24歳の映像作家dutch_tokyoこと山田健人氏は、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気アーティストSuchmosが結成間もない頃から彼らのMVやwebサイトなどを手がけてきた。自身もyahyelというバンドでライブパフォーマンスにおける映像を担当し、先日高橋幸宏が率いるMETAFIVEと共演、7月22日から行われたFUJI ROCK FESTIVAL '16にも出演した。知る人ぞ知る若手映像作家へのインタビューから、少しずつ盛り上がりを見せる東京の若手アーティストたちの表現に対する共通の考え方が見えてきた。

【画像 5枚+2動画】「 dutch_tokyoに聞いた「いまを生きる」若手ミュージシャンの肖像」記事画像一覧

20代前半の東京を中心に活動する若手アーティストたちの中で、絶大の信頼を置かれている映像作家である山田氏は、現在慶應義塾大学メディアデザイン研究科に通い、デザイン思考を学ぶ大学院生でもある。学部生のころは大学の体育会に所属し、その中でももっとも厳しいと言われるアメフト部のスタッフとして活動する傍ら、映像という表現手段にのめり込んでいったという。

■音楽と映像で畑は違うけど「面白いものを作る面白い人間だ」という認識を共有している

-Suchmosや篠崎愛の他にもtempalay、umber session tribeやYogee New Wavesなど、東京のバンドシーンで今着実に頭角を現しているミュージシャンたちのMVを年間で20本近くも手がけていらっしゃいますよね。しかもほぼそれらを撮影から編集まで一人でやられているとお聞きしました。そこまで映像を作ることのモチベーションが持続する秘訣があるのでしょうか。

山田: もともとものづくりがとても好きで、中学生のころから自分で一からプログラミングをしてゲームを作って友達と一緒に遊ぶということをしていました。映像を初めて作ったのも高校生のころで、そのまま大学では体育会に入りながらも少しずつ作り続けていたことで、ない時間を作り出す術を体に教え込むことができたというのが、今の映像の仕事をやっている体力につながっていると思います。

--映像にのめり込むに至った魅力があるのでしょうか。

山田: 僕たちより少し上の世代から、映像は生まれた時から周りにたくさんあるものなので、特別なものという意識は特になくて、映像にこんなすごい力がある!と思ったことは実はあまりないですね。逆にだからこそ、作る楽しさの方にハマったのかもしれない。僕たちの世代は映像をパソコン一つで作れるようになったという変化があると思います。そこにカメラとパソコンがあるから何か映像を撮るか、くらいの気持ちで、最初は遊びの一環として作っていたものが、いろいろな人から頼まれて撮るようになっていきました。

--「映像を撮るならdutchに頼む」という雰囲気が出来上がっているんですね。

山田: お互いに音楽と映像で畑は違うけど、面白いものを作る面白い人間だ、という認識を共有しているんだと思います。人が作って伝えるものという意味では、音楽も映像も写真も絵もビジネスも同じ。人間として波長があうことが前提にある。もちろん自分自身に実力があるとは思ったことはないし、向こうも最初から売れていたわけではなくて、ただ気の合う仲間と一緒に遊んでいるということの延長線上に音楽や映像の作品作りがあるんです。これを使ってお金を儲けようという気持ちは全くなかったですね。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 17:01

SENSORS