ここから本文です

バルサ、アルダとメッシのゴールで3発快勝 スーペルコパを制し、今季初のタイトルをゲット 清武は出番なし

theWORLD(ザ・ワールド) 8月18日(木)7時50分配信

開幕戦へ弾みをつけたバルセロナ

17日、スーペルコパ2016の2ndレグが行われ、カンプ・ノウでバルセロナとセビージャが対戦した。1stレグを2-0で勝利したバルセロナがホームにセビージャを迎え入れた一戦は、両チームが積極的に新戦力をスタメンから起用。しかし、UEFAスーパーカップとスーペルコパの1stレグでスタメンに名を連ねていた日本代表MF清武弘嗣は、ベンチスタートとなっている。

開始早々から積極的に攻撃を仕掛け、チャンスを作ったセビージャだが、先制に成功したのはバルセロナだった。10分、中央での細かいパスから、メッシが裏へ抜け出したアルダへスルーパス。ボールを受けたアルダが落ち着いてゴールへ流し込み、ネットを揺らした。

失点後もいく度となくチャンスを作るセビージャは、相手DFのハンドでPKを得るも、イボーラが失敗。スコアをタイに戻すことができず、バルセロナの1点リードで試合を折り返した。

後半に入ると46分、アルダがペナルティエリア手前から少し前に出たGKの頭の上を抜く華麗なシュートをゴールに突き刺し、この試合2点目を挙げた。その後、メッシのヘディングシュートでダメ押しとなる3点目を決めたバルセロナが3-0でセビージャを撃破。トータルスコアも5-0とし、王者バルセロナが3大会ぶりにスーペルコパを制覇した。なお、清武はこの試合で出番はなかった。

バルセロナは今季初のタイトルをゲットし、リーガ・エスパニョーラの開幕戦に弾みをつけた。一方、セビージャは残り数日でどれだけ修正できるかが、開幕戦勝利のカギとなりそうだ。バルセロナはレアル・ベティスと、セビージャはエスパニョールと20日に対戦予定である。


[スターティングメンバー]
バルセロナ:ブラーボ、A・ビダル、マスチェラーノ、ユムティティ、ディーニュ(→アルバ 61)、A・ゴメス、ブスケッツ(→サンペル 74)、デニス・スアレス(→ラキティッチ 73)、メッシ、ムニル、アルダ

セビージャ:セルヒオ・リコ、マリアーノ、メルカド、ジエゴ・ゴンザレス、サラビア、コレア(→ビエット 73)、クラネビッテル、イボーラ、コノプリャンカ、ガンソ(→フランコ・バスケス 57)、ベン・イェデル(→ビトロ 63)

[スコア]
バルセロナ 3-0 セビージャ

[得点者]
バルセロナ:アルダ(10、47)、メッシ(55)


http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月18日(木)7時56分

theWORLD(ザ・ワールド)