ここから本文です

子どもに危険… スターバックスのステンレスストロー、280万個が回収

ギズモード・ジャパン 8月18日(木)19時10分配信

小さいお子様は、特に注意したほうがいいかもしれません。

子どもが口を切ってしまうとの報告を理由に、スターバックスはステンレスストロー280万個を回収しました。

スターバックスはこのストローを単体で、または再利用できるスチール製のコップにつけて販売していました。コップに合わせてサイズは2つあり、グランデ用の9.5インチ(約24cm)と、ベンティ用の10.4インチ(約26cm)ですが、どちらも「怪我の危険性」を理由に回収されました。

8月3日時点で、スターバックスでは子どもの怪我の報告を4件(アメリカで3件、カナダで1件)受けており、米国消費者製品安全委員会(US CPSC)ではこれらのストローを使ったり、手に取ったりしないよう注意を呼びかけています。

対応が極端な気もしますが、もしも子どもが、約10インチの細いステンレス製の筒を口に含んだまま転んだり、車が大きく揺れたりしたら、危険なのは理解できます。すでにお持ちの方は、お子様が使わないよう気をつけましょう。

image: Starbucks
source: US CPSC
Ria Misra - Gizmodo US

最終更新:8月18日(木)19時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]