ここから本文です

杉田祐一、注目の19歳ズベレフ破りマスターズ初勝利<男子テニス>

tennis365.net 8月18日(木)5時41分配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は17日、シングルス1回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク102位の杉田祐一(日本)が同27位で注目の19歳A・ズベレフ(ドイツ)を6-7 (4-7), 6-4, 6-2の逆転で破り、マスターズ初勝利で2回戦進出を果たした。

【錦織らW&Sオープン対戦表】

この試合、第1セットを落とす苦しい展開の杉田は、第2セットで2度のブレークに成功してファイナルセットへ持ち込む。そして、ファイナルセットでもズベレフのサービスゲームを2度破り、2時間31分で勝利した。

2回戦では、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)をフルセットで下したN・マウー(フランス)と対戦する。

27歳の杉田は、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)でB・ベイカー(アメリカ)を逆転で破り、五輪初勝利をあげた。2回戦ではG・シモン(フランス)に善戦するも敗退。

一方、杉田に敗れたズベレフは、今年6月のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)準決勝でR・フェデラー(スイス)を破り、今シーズン2度目のツアー決勝進出。世界ランキングでは今年の8月に自己最高の24位へ浮上した。

また、同日にはシングルス2回戦も行われ、第5シードの錦織圭(日本)が予選勝者のM・ユーズニー(ロシア)をストレートで下し、順当に3回戦進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:8月18日(木)5時41分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。