ここから本文です

高校受験勉強、始めるのはいつから? それを決めるポイントは?

ベネッセ 教育情報サイト 8/18(木) 17:01配信

中学生のお子さまをお持ちの保護者にとって、心配事のひとつが高校受験です。「第一志望校に合格するにはいつから受験勉強を始めたらいいのかしら?」と気が気じゃない保護者も多いですよね。「中3から始めては手遅れ? でも、中1からじゃ早すぎる?」と悩みは尽きないものです。
もちろん今の実力と志望校の入学ラインの差などによってさまざまですが、何を基準にして始めたらいいのか、そのポイントをお教えしましょう。

本人がどの高校に入りたいのかで、開始時期が違う

受験勉強をいつから始めるのかはもちろん人それぞれで違います。そこでまずはお子さまの気持ちや学力など、今の状況を理解することが大切です。

まず知るべきなのは、お子さまが高校受験についてどう考えているかです。「絶対入りたい高校があるから、受験勉強をがんばる」と思っているのか、「今の学力で入れる高校に入学する」「もうワンランク上の高校を狙ってみたい」のか、お子さまと高校受験についてしっかり話し合ってみましょう。

もちろん絶対に入りたい高校があって、しかも努力が必要であれば早くから受験勉強を始めなければいけませんし、今の学力で入れる学校でいいというのであれば、それほど無理な受験勉強は必要ありません。家族でしっかり話し合い、高校受験に対する本人の気持ちを共有しておきましょう。

部活動への思い入れも、受験勉強の開始時期を左右する

またもうひとつの要素として部活動があります。部活動をしているかどうかによっても受験勉強の開始時期はいろいろ違ってくるのです。

例えば体育会系の部活に入っていて、県大会への出場も見込まれている、という場合であれば、本格的な受験勉強はその大会が終わるまでできないでしょう。文化系の部活でも、吹奏楽部などコンクールに出場している場合は同様です。

一方、部活にそれほど打ち込んでいない、あるいは大会やコンクールなどのない部活に入部しているということであれば、受験勉強に影響することは大きくなさそうです。 こうしたお子さまが置かれている状況を把握することで、いつ始めたらいいのか自然と見えてくるはずです。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 17:01

ベネッセ 教育情報サイト