ここから本文です

浜崎あゆみ、“聖地”代々木第一体育館での熱狂ステージが放送決定!ライブダイジェスト動画も公開中

E-TALENTBANK 8月18日(木)17時20分配信

浜崎あゆみのツアーでは“聖地”と呼ばれる東京・国立代々木競技場第一体育館。7月10日に同会場で行なわれた「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A~MADE IN JAPAN~」の熱気に満ちたライブの模様を、8月21日(日)夜9時からWOWOWで放送される。

2015年末のカウントダウンライヴでは、バンド、ダンサーなど総勢25人による一大パフォーマンスで会場を興奮のるつぼへと変えた浜崎あゆみ。そのライブで2016年を迎えた彼女の「今年はもっとたくさん会おうね!」という言葉を形にしたものが、「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A~MADE IN JAPAN~」だ。

全国9カ所17公演で約13万人を動員するこのツアーは、カウントダウンライブで見せた豪華絢爛なステージを昇華させたエンターテインメントショーがコンセプト。「春の章」「梅雨の章」「夏の章」など、日本の四季をテーマに織り込んだステージで構成される。ライブの一部を携帯電話やスマートフォンで撮影し、SNSへの投稿がOKという初の試みも話題になった。

全国ツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A ~MADE IN JAPAN~』の東京公演3daysの最終日。
 
幕が開き、白い着物風ドレスで登場した浜崎を、会場に詰めかけたファンがうなるような大歓声で迎える。冒頭に披露された「GREEN」、「FLOWER」では、客席からの写真撮影が可能で、花神輿に乗ってセンターステージ進む浜崎の姿に一斉にスマートフォンが向けられた。そんな和のイメージで表現した「春の章」が終わると、次に雨が降っているかのような演出が始まり「梅雨の章」へ。続いて、「夏」「無」「秋」「冬」「終わりの始まり」と、日本の四季をテーマにした7つの章に沿ってライブが展開された。ボヘミアンスタイルの衣装で歌った「INSPIRE」、「glitter」では会場を大いに盛り上げ、白いシフォンドレスに着替えた「BRILLANTE」では、空中パフォーマンスで観客の目をくぎ付けにした。
 
その後も、「Endless sorrow」「evolution」「SURREAL」「vogue」をはじめとした大ヒット曲と、「Mad World」「Survivor」といったニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』に収録された新曲を織り交ぜてステージが進み、「You are the only one」でライブ本編は幕を閉じた。 最後まで徹底的にエンターテインメントにこだわったパフォーマンスを披露した浜崎に、 観客は大きな拍手を送った。

代々木で17年連続アリーナライヴを成功させ、女性シンガーとして圧倒的な存在感を誇る浜崎あゆみ。疾走しつづけるトップランナーが“聖地”で見せた、熱狂のステージを見逃さないようにしよう。

また、番組特設サイトでは、 豪華絢爛なステージの一部が楽しめるライブダイジェスト動画を公開中だ。

最終更新:8月18日(木)17時20分

E-TALENTBANK