ここから本文です

【映像】中国人旅人、自転車でリオ五輪に到着 2020東京が最後

アフロ 8/18(木) 17:35配信

 リオデジャネイロ五輪も残りわずか。連日熱戦が繰り広げられる会場の外では面白い出会いがある。
 
 中国人のチェン・ガンミンさん(60)は自転車に乗ってオリンピックの開催地を巡る世界旅の途中。2008年の中国から、2012年にロンドンへたどり着き、この度リオに到着した。チェンさんによると2020年の東京で旅を終える予定だ。

 チェンさんの行方は、ロンドン在住ハンガリー人ファンが作ったFacebookのファンページで知ることができ、旅先の住民のサポートによって旅が繋がり続けられている。海を渡る際は飛行機で移動し、船で運ばれる自転車を待つ。チェンさんは五輪開催地を巡る自転車世界旅について、「オリンピックの精神を広めるために旅をしています。自分の弱さや恐れから挑戦できずにいる人々を励ましたいです」と旅の目的を話す。
 そんなチェンさんはリオですっかり有名人となっており、市内の行く先々で写真撮影を求められ快く応じている。競技が観られなくとも会場周辺のゴミ拾いで十分幸せだそうだ。

 チェンさん、2020年に日本で会いましょう。

(ブラジル、リオデジャネイロ、撮影:9日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:8/18(木) 18:32

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。