ここから本文です

終盤に大谷の一発で4連勝 今季28度目の逆転勝利で見えた鷹の背中

Full-Count 8/18(木) 9:06配信

ソフトバンクを猛追、ついに0.5ゲーム差に肉薄

 ふわりと来たボールを、目の覚めるようなスイングで弾き返した。北海道日本ハム・大谷選手が17日のオリックス戦で、試合を決める18号2ラン本塁打を放った。チームを4連勝に導くとともに、試合の無かった首位・福岡ソフトバンクに0.5差と肉薄。18日の結果次第で、鷹に代わって首位に浮上する。

【動画】勝ち越し本塁打を放った大谷のヒーローインタビュー

 振り抜いた瞬間、確信のガッツポーズが飛び出した。「打った瞬間に(スタンドに)いくと思った」。同点の7回2死三塁、先発・山田投手の直球を待っていた大谷選手だったが、高めに浮いたカーブに即座に反応。

「いく(振る)しかないと思って振りました」

 打球は、右中間へ一直線。山田投手も、打たれた瞬間に顔をしかめるほど、すぐに本塁打と分かる一撃だった。

 その直前の7回1死二、三塁から、杉谷選手が一塁方向へスクイズを決めて同点とした。「きれいに決めてくれたので、同点になって気持ちも楽になった」と大谷選手。ビハインドの状況から、同点、すぐに勝ち越しと、一気に決めるところが、今の北海度日本ハムを象徴しているようでもあった。先制はしたものの、中盤に勝ち越され、そこからひっくり返す。今季逆転勝利28回という数字からも分かるように、追い掛ける展開になってからの底力が強さの一つと言えそうだ。

今季逆転勝利は28回! あきらめず底力のある野球が強さの秘訣

 6月の中旬、福岡ソフトバンクに優勝マジック点灯の可能性のあったパ・リーグ。2リーグ制後、6月中にマジックがついた例はなく、それほど他チームを圧倒する独走状態だった。その頃、北海道日本ハムは3位。その後球団新記録の15連勝などもあり、ジワリとその差を詰めていった。そして、ついに捉えたその背中。「勝って(順位を)逆転できるように」と、大谷選手はすぐに18日のオリックス戦を見据えた。

 この日は北海道に台風7号が上陸したが、2万652人のファンが札幌ドームへ詰め掛けた。そんなファンへ「明日もあるので、一生懸命頑張りたい」と力強く誓った後、「気をつけて帰ってください」と告げた大谷選手。18日で首位をもぎ取り、19日からの本拠地での直接対決へ。メラメラと燃える闘志と、悪天候の中、応援してくれたファンへの感謝を示した背番号11が、チームをてっぺんへと牽引する。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:8/18(木) 9:06

Full-Count