ここから本文です

【映像】映画「スーサイド・スクワッド」 性差別などの酷評にキャスト反応

アフロ 8月18日(木)19時56分配信

 順調なオープニングで北米興収ランキング2週連続首位を獲得したDCコミックスの実写映画「スーサイド・スクワッド」だが、批評家による酷評が相次ぎ客足が遠のいているという。
 本作が性差別的だという一部意見に対し、女優マーゴット・ロビーは「それは違う。画期的なのよ」と反論し、カーラ・デルヴィーニュは「登場する女性はみんなかっこいい」と話す。
 一方でジョーカーを演じたジャレッド・レトは、登場シーンが大幅にカットされたことに不満を表しているという。

 日本公開は9月10日予定。

(イギリス、6日 映像:PA/アフロ)

最終更新:8月18日(木)19時56分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。