ここから本文です

藤田ニコル&トレエン斎藤、“同居生活”で急接近?に反響。「可愛い」「ニコルちゃん本当健気」

E-TALENTBANK 8月18日(木)21時20分配信

17日放送のフジテレビ系「モシモノふたり」でモデルの藤田ニコルとお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が番組企画による同居生活を行った。

対面するや否や、ふたりは軽快にトークをスタートし、リラックスした様子を見せる。斎藤に自身の生い立ちについて聞かれると、「お母さんバツ2なの」「2人目(の父親)は弟のお父さん。(ふたり目のお父さん)も、浮気してバイバイした」と複雑な家庭環境を伝え「めっちゃウケない?」とあっけらかんとした態度で自分と家族の過去を振り返った。

束の間の会話を済ませると、多忙な斎藤は仕事へ向かった。仕事場で相方のたかしに番組企画でのニコルとの同居を伝えると、「(ニコルのことが)ちょっと可愛く見えてきてさ、すごい健気なんだよ。だから今ちょっと戸惑ってる」と心の内を明かした。

一方、その間のニコルは「ひとりで肉!」と昼食中の自撮りを送るなど、斎藤さんへ暇つぶしLINEを連投し、その写真を見た斎藤はニヤけるなどの嬉しそうな反応をする。スタジオでも、「可愛い…」「これはキュンとくるでしょ!」と、ニコルの寂しがり屋な一面に共感の声が上がっていた。

また、ニコルが斎藤のために3時間かけて夕飯を作るシーンも。事前にリクエストを受けた豚の生姜焼きと、ひじきの煮物、わかめの味噌汁を悪戦苦闘しながらも用意して、深夜2時まで斉藤の帰りを待つ。帰宅した斎藤を明るく迎えたニコルは「目つぶって座ってください」と伝え、手を叩きながらで食卓まで誘導し、手作りの夕食を見せた。ニコルの手料理について、斎藤は「『ちゃんと準備してくれたんだ、夜遅くまで』って考えたら、本当に好きになっちゃった」とコメントした。

翌日、過去14人の女性との交際経験を持つ斎藤は、これまで女性を魅了してきた「花を贈る」などのモテ技を駆使した夏のデートプランでニコルとの時間を過ごした。斎藤のスペシャルデートを堪能したニコルは、最後にサプライズで“直筆の手紙”をもらい「長い!」と照れ隠ししながらも、「すごい伝わったよ、ありがとう」と感謝の気持ちを述べていたのだった。

視聴者からは「にこるん可愛い。若くて素直。それだけで可愛い」「あんな純粋で素直な可愛いにこるんちゃんになりたい」「ニコルちゃん本当健気で可愛い。一生懸命なんだな」「料理できんでも調べてチャレンジして作ってくれるとかいいわぁ」などと、ニコルの真っ直ぐな行動に反響の声が寄せられていた。

最終更新:8月18日(木)21時20分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。