ここから本文です

インカレ 第1シード諱、準々決勝敗退<男子テニス>

tennis365.net 8月18日(木)18時14分配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は18日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で男子シングルス準々決勝が行われ、西脇一樹(明治大学)、望月勇希(中央大)らがベスト4進出を決めた。

全日本 早大の今井が関口下す

西脇は同校の第1シードである諱五貴(明治大)を6-4, 7-5のストレートで下し、準決勝進出へ駒を進めた。

この試合、西脇は諱の強力なフォアハンドを粘り強いストロークでかわし、初のインカレ4強入りを果たした。

また望月も6-4, 6-2のストレートで竹元佑亮(関西大)を退け、ベスト4へ進出した。

この試合、望月はスピンの効いた深いボールを左右にコントロールし、竹元を圧倒。1年生ならではのハツラツとしたプレーで、予選からベスト4入りを決めた望月は、昨年の高校日本一に続き、大学日本一のタイトルを狙う。

関西唯一の勝ち残りだった竹元は準々決勝で力尽きた。

準決勝では西脇と望月が対戦する。

19日に行われる準決勝の組み合わせは下記の通り。

------------------------
西脇一樹(明治大)
望月勇希(慶應大)
------------------------
上杉海斗(慶應大)
小林雅哉(早稲田大)
------------------------


個人戦シングルスは96名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。試合形式は3セットマッチで行われる。

男子シングルスの上位シード勢は、諱五貴(明治大)、染矢和隆(関西大)、竹元佑亮(関西大)、上杉海斗(慶應大)。

昨年の同大会では今井慎太郎(早稲田大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8月18日(木)18時22分

tennis365.net