ここから本文です

【高校野球】明徳義塾が四国対決制す!鳴門を破り4年ぶり4強 鳴門は66年ぶりならず

Full-Count 8/18(木) 12:31配信

今春の四国大会1回戦の再戦も、明徳義塾が再び勝利

 第98回夏の甲子園大会12日目の準々決勝第2試合は、7年連続18回目出場の明徳義塾(高知)が5年連続11回目の鳴門(徳島)を3-0で破り、注目の四国対決を制した。2012年以来4年ぶりのベスト4進出が決まった。

2016年の優勝校は…21世紀の甲子園優勝校

 今春の四国大会1回戦の再戦となったこのカード。その時は3-2の1点差で明徳義塾が勝利していた。明徳義塾は今井が2回の先制打に続き、4回もタイムリーを放つなど効果的に得点した。

 開幕戦から打力で勝ち上がってきた鳴門だったが、この日は相手先発の中野に3安打無得点に抑えられ、持ち味を発揮できず。同校66年ぶり、徳島県勢33年ぶりのベスト4入りはならなかった。8強唯一の公立が甲子園を去った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/18(木) 12:31

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。