ここから本文です

リオ五輪 銀メダルのデル=ポトロ、全米OPに主催者推薦で出場<男子テニス>

tennis365.net 8月18日(木)18時55分配信

全米オープン

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の男子シングルス決勝戦でA・マレー(英国)に敗れるも銀メダルを獲得したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は、全米テニス協会からの主催者推薦を受けて、29日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場することが16日に発表された。

この日、全米テニス協会が発表した全米オープン本戦への主催者推薦枠には、2009年の全米オープンを制したデル=ポトロの名前があった。

デル=ポトロは3度の左手首の手術のため、2年以上四大大会に出場していなかったが、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で本戦に姿を現した。

現在、世界ランク141位のデル=ポトロは、そのランキングからは本戦へストレートインすることは不可能だった。

14日のオリンピックでは、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)の銅メダルに続き、銀メダルを獲得した。

今季も怪我と向き合いながら大会数を減らして活動しているが、オリンピックではかつての武器だったフォアハンドが再び炸裂。1回戦では12度グランドスラムで優勝している世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を下す番狂わせを演出し、準決勝でも14度の四大大会優勝を誇るR・ナダル(スペイン)を下して決勝進出を果たした。

マレーは「もし彼(デル=ポトロ)が万全な状態だったら、トップ・レベルのプレーを見せても何も不思議ではない」と、その能力の高さを認めていた。

7年前、当時20歳だったデル=ポトロは全米オープンを5度制しているR・フェデラー(スイス)を決定戦で下し、四大大会初優勝。その時は次世代を担う選手だと騒がれた。

しかし、その翌年には右手首に問題を抱えてしまい、続いて左手首にも怪我を負ってしまった。バックハンドを両手で打つデル=ポトロにとっては、大きな問題だった。

そんな背景を知るマレーは「彼は手首の怪我を乗り越え、このレベルでまたプレー出来るだけのステージへ戻るために、本当に驚くような努力を積んでいた。何度も同じ怪我を重ね、それを克服するために努力をし続けることが、精神的にどれほど大変なものかは想像出来る」と決勝戦後のインタビューで語った。

その他、この日に発表された主催者推薦枠で出場する選手には、オリンピックのメダリストも含まれている。それは、ミックスダブルスで金メダルを獲得したB・マテック=サンズ(アメリカ)と、同じくミックスダブルスで銀メダルのR・ラム(アメリカ)。

さらに男子シングルスには、B・フラタンジェロ(アメリカ)、F・ティアフォー(アメリカ)、M・マクドナルド(アメリカ)、M・モー、E・エスコベドーが主催者推薦を受けて出場する。

女子シングルスには、D・コリンズ、K・デイ、L・デイビス(アメリカ)、S・ケニン、V・キング(アメリカ)、そしてフランスからV・ラッツァーノ(フランス)が主催者推薦を受けた。

また、予選の主催者推薦枠は2009年の全米オープンでベスト8入りを果たしたM・ウダン(アメリカ)と、イギリスからL・ロブソン(英国)に与えられた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:8月18日(木)18時55分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]