ここから本文です

千葉ロッテ・石川歩、数字の良化に表れるプロ3年目での進化

Full-Count 8月18日(木)14時24分配信

1試合に与える四球数は、わずか1.16個の制球力

 今季、千葉ロッテ・石川歩投手のピッチングが冴え渡っている。8月17日の試合終了時点でリーグトップタイの12勝、リーグトップの防御率1.59と好成績を残す。特に負け数はここまでわずかに3と、プロ入りからの過去2年で10勝8敗(1年目)、12勝12敗(2年目)と負け数がそれなりに多かっただけに、大きな成長と言えるだろう。

【動画】今季2度目となる完封勝利を挙げた、ロッテ・石川歩

 中でも、12日の福岡ソフトバンク戦は最多勝争いを繰り広げるベテラン・和田毅投手との投げ合いとなった。試合は石川投手、和田投手の投げ合いが続き、5回まで0-0の投手戦となる。すると、千葉ロッテ打線は6回に主砲のデスパイネ選手がバックスクリーンに飛び込む2ランを放ち、2-0と千葉ロッテがリードする。援護を受けた石川投手は強力な福岡ソフトバンク打線をわずか2安打に封じ完封勝利。12勝目を挙げリーグトップの和田投手に並んだ。

 ここまで好調を続ける石川投手だが、野球のデータ指標となっているセイバーメトリクスではどのような数値が見られるかを取り上げてみよう。

 石川投手のピッチングの大きな特徴と言えば、四球をあまり出さないテンポの良さが挙げられる。ストレートを中心にスライダー、カーブ、シンカーといった変化球を操り、打者を打ち取っていく。セイバーメトリクスでは投手のコントロールの良さを示す指標として「BB/9=(与四球×9)÷投球回数」というものがある。これは1試合にどれだけ四球を与えたかを示す。石川投手の今季のBB/9はリーグトップの1.16(2位は楽天・美馬投手の1.91)。1試合で平均与四球が1強ということになる。石川投手は昨年もリーグトップの1.71を出していたが、今年はさらに少ない数字となっている。

1イニングに出す走者数を示すWHIPはパ・リーグ1位の0.97

 また、1イニングで何人走者を出したかを示す指標「WHIP=(被安打+与四球)÷投球回数」で見ると、石川投手のWHIPはリーグトップの0.97(2位は福岡ソフトバンク・千賀投手の1.01)だ。パ・リーグの規定投球回数に到達した投手の中で、0点台は石川投手のみ。一般的にWHIP=1.30が平均的な数値と言われ、0点台となると、リーグの中でも特に優れた投手と評価される。

 セイバーメトリクスの投手の数値で最もポピュラーとされているのが「QS」(クオリティースタート)。6イニングス以上を投げ自責点3以内に抑えるとつく数値であり、先発投手が勝ち負けに関わらずどのくらい試合を作ったかを示す。石川投手のQS率は82.4%とパ・リーグでは楽天の則本昂大投手の90.5%に次ぐ数字で、北海道日本ハムの有原航平投手と並ぶリーグ2位タイだ。石川投手の過去のQS率を見ると1年目の2014年が56%、2年目の昨年が74.1%と、年々試合を作る割合が増えていることが分かる。

 順調に勝ち星を重ねていく石川投手はプロ1年目に新人王を受賞。しかし、これまで主要タイトルには無縁だった。現在は2部門でタイトル争いのトップに立っており、今の調子を続けていけば初めての主要タイトル獲得が見えてくる。シーズン終了後にタイトルを手にしているか、石川投手の投球に注目していきたい。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:8月18日(木)14時32分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]