ここから本文です

インカレ 慶大西田ら準決勝へ

tennis365.net 8/18(木) 19:52配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は18日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で女子シングルス準々決勝が行われ、西田奈生(慶應大)、第2シード林恵里奈(早稲田大)らがベスト4入りを決めた。

インカレ 西本が悲願の優勝

西田は同じ2年生で左利きの上唯希(早稲田大)を6-3, 5-7, 6-3のフルセットで下し、ベスト4最後の1枠に入った。

この試合、第1セットは西田優勢で試合が進み、ゲームカウント6-3で先取。

第2セットも序盤から西田がリードし、このまま勝敗が決まるかと思われたが、ここから上の粘りに屈してセットカウント1-1に。

迎えたファイナルセット、再び主導権を握った西田が立て直し、4時間に及んだ熱戦に終止符を打った。

両者からは連日の試合の疲れが垣間見える場面もあり、互いに満身創痍の戦いだった。

また、第2シードの林は押野紗穂(慶應大)3-6, 6-4, 6-3の逆転勝利で下し、準決勝進出を決めた。

第1セットをゲームカウント6-3で押野が先取し、第2セット途中までは押野のペースで試合が進んだ。

しかし、ここから林が第2シードの粘りを見せてセットカウント1-1に。ファイナルセットも林の勢いは衰えず、ゲームカウント6-3で奪い勝利。4年生で第2シードの経験の差を見せつけた。

準決勝では西田と林が対戦する。

4年生の林は最後のインカレ、悲願の大学日本一まであと2勝に迫った。

明日の準決勝の組み合わせは下記の通り。

------------------------
加治遥(園田学園女子大)
細沼千紗(早稲田大)
------------------------
西田奈生(慶應大)
林恵里奈(早稲田大)
------------------------


個人戦シングルスは96名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。試合形式は3セットマッチで行われる。

女子シングルスの上位シード勢は、加治遥(園田学園女子大)、林恵里奈(早稲田大)、寺見かりん(山梨学院大)、畑守美里(関西大)。

昨年の同大会では西本恵(慶應大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8/18(木) 19:52

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]