ここから本文です

【MLB】侍J小久保監督がイチロー表敬訪問 WBC参加要請なしも「いい話ができた」

Full-Count 8月18日(木)16時41分配信

敵地シンシナティで直接会談し、3000安打祝福「驚くべき偉業です」

 来年3月に開催される第4回WBCで、侍ジャパンこと日本代表を率いる小久保裕紀監督が17日(日本時間18日)にマーリンズのイチロー外野手と直接会談を持ち、メジャー通算3000本安打達成を祝福した。MLB公式サイトが報じている。

第1回WBC制覇から10年、WBC第1~3回参加メンバー一覧

 レッズ戦の行われた敵地グレート・アメリカン・パークに小久保監督が表敬訪問し、マーリンズのクラブハウスで背番号51と直接会談を持ったという。

 今回の訪問の目的について、小久保監督は「最も重要なことは、彼の3000本安打を祝うこと。もちろん、日本でもとても感銘的な数字です。アメリカで成し遂げたことを考えれば、驚くべき偉業です。日本ではおそらくアメリカ以上の話題になっていました」と、通訳を介して語ったという。

 3月のWBCにメジャー選手を招聘する下準備のため、小久保監督は全米を飛び回りながら日本人メジャーリーガーと直接面談を続けている。12日(同13日)にレンジャーズも表敬訪問したが、タイガース戦で登板日だったダルビッシュ有投手とは直接会談できなかったと地元紙はレポートしている。

野球の国際化、今後の発展に大いなる期待を抱くイチロー

 記事によれば、今回の会談では2017年WBCでのイチロー招聘の話題は上がらなかったそうだ。イチロー自身も「いい話ができました。WBCの話題には全くなりませんでしたよ」と語ったという。2006年、09年大会では優勝に大きく貢献したWBCへの3度目の参加については言及しなかった背番号51だが、大会自体は心待ちにしているようだ。

「間違いなく、僕はあの大会に常に興味を持っています。TVで見るのは大好きですね。特別なものです。多くのメジャースポーツを見ても、世界一を決める国際大会があります。野球はそこが遅れているところ。あの大会がどう発展していくのか興味深いですね」と話したそうだ。

 今後WBCが、サッカーのワールドカップやオリンピック競技のように展開できるのか、心待ちにしているイチローだが、日常でも“ベースボール”の国際化を肌で感じることもあるようだ。この日も敵地スタジアムで各国からやってきたファンにサインしたレジェンドはこう話したという。

「僕がここに来てMLBでプレーしなければ、こんなことは起きなかったでしょう。MLBがどれだけ国際的になっているか、MLBがどこまで大きな影響を持っているか、ということは確かに言える。これは間違いなく自分がここでプレーしていなければ起きなかったことでしょう。国籍は関係ない。ここアメリカや日本だけではなく、野球が純粋にいろいろな国で愛されているということだと思います。野球愛はどこにでも存在します」

 選手としてWBC出場の可能性は低いかもしれないが、野球がより国際化するためにも、イチローが果たせる役割はありそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月18日(木)17時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報