ここから本文です

バルサのFW4番手が流出の危機 シャルケ、PSGが獲得に興味示す

theWORLD(ザ・ワールド) 8月18日(木)19時30分配信

優秀なバックアッパーだが……

バルセロナにとって貴重なFWの4番手を務めるムニル・エル・ハダディに移籍の可能性が浮上している。

先日、ムニルはセビージャとのスペイン・スーパーカップ第1戦でゴールを挙げ、オリンピックに参加しているネイマールの穴を十分すぎるほど埋める活躍を見せた。そのため、英紙は新たな4番手を獲得する必要はないのではないかとも報じ、ムニルを高く評価している。

一方で、スペイン『MARCA』によればシャルケ、パリ・サンジェルマンといったクラブが同選手に興味を示しているようだ。ムニルの第一希望は残留であるが、現状でMSNは高すぎる壁であることも事実で、より重要な戦力として扱われるチームに移籍する可能性は十分にあると予想されている。

バルセロナにとっては、ただでさえバックアッパーが少ない最前線からさらにチームを去る選手が出てしまうことは避けたいと考えているはずだ。ムニルの残留に努めるか、新たな戦力を加える必要があることは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月18日(木)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報