ここから本文です

日ハム栗山監督、-0.5差で迎えるSB戦へ必勝誓う 「喜べないと意味がない」

Full-Count 8月18日(木)22時42分配信

勝率で1厘差の珍現象で天王山へ、「やられたら、また練習すればいい」

 日本ハムの栗山英樹監督が、19日から始まるソフトバンクとの首位攻防戦へ向け、「どっちが勝ちたいか。やられたら力がないと思って、また練習すればいい。よくやったという姿を見せたい」と意気込んだ。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 18日のオリックス戦(札幌ドーム)は、同点の3回に4番・中田の勝ち越しの適時二塁打など4安打3得点。投げては抑えから先発転向した増井が8回途中1失点で、先発では6年ぶりの先発勝利を挙げた。理想的な勝ちっぷりだったが、栗山監督は淡々と喜んだ。

「昨日までのことも明日も考えていない。今日できる準備をして、やり尽くせたか。今日は何とか増井を勝たせたかった。先発で勝つことに意義がある。苦しければ苦しいほど、主役(中田、陽岱鋼)の頑張りが大事。頑張ればチームは勝ちやすくなる」

 チームは今季4度目の同一カード3連勝を飾り、貯金を今季最多25とした。勝率1厘差でマイナス0.5ゲーム差の珍現象となった首位・ホークスが3連敗と沈む中、今季3度目の5連勝で勢いに乗って、首位決戦に臨む。

「去年は悔しい思いをしている。(12勝7敗1分けのホークスとの)対戦成績も関係ない。(19日から)何が出来るか。頑張ってきたなら喜べないと意味がない。必死にやるだけ」

 一戦必勝スタイルを貫き、ホークスをとらえるつもりだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月18日(木)22時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]