ここから本文です

間もなくメッシ、C・ロナウド、スアレスの領域に達する リヴァプール主将がチームの10番を大絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 8/18(木) 19:50配信

アーセナル戦でも2得点

リヴァプールが今季を良いシーズンにするには、負傷の多いエースのダニエル・スタリッジがシーズンを通して好調を維持することが重要だと言われている。しかし、今のリヴァプールで最も重要な選手はMFフィリペ・コウチーニョだろう。

コウチーニョは開幕戦のアーセナル戦で2得点を奪う活躍を見せ、チームを4-3の勝利に導いた。崩し、フィニッシュとリヴァプールの攻撃においてコウチーニョは大きな存在感を放っており、コウチーニョこそリヴァプールの心臓ともいえる。

そんなコウチーニョをチームメイトのジョーダン・ヘンダーソンも高く評価している。英『Liverpool Echo』によると、ヘンダーソンはコウチーニョがバルセロナFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドらと同じ領域にいける選手と考えており、そこに達する日は近いと語った。

「メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、スアレスは世界のトッププレイヤーだ。フィリペは確かな才能があるし、僕たちにとってファンタスティックな選手だ。僕は彼がリヴァプールで成長する姿を見てきたし、彼はまだ24歳だ。うまくいけば、間もなく人々は彼をメッシとともに高く評価するだろう」

ヘンダーソンはコウチーニョが気持ちよくプレイできるように動く必要があるとも語っており、リヴァプールは10番コウチーニョを最大限活かすように戦っていかなければならないだろう。今季はユルゲン・クロップ体制2年目ということもあってトップ4に入りたいところだが、コウチーニョにはチームを上位に導くことが求められている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/18(木) 19:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報