ここから本文です

関東1部に敗戦のJ3相模原 翌日に指揮官が辞任「自分が指揮をとらないことがチームにとってベスト」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/18(木) 20:00配信

後任監督は未定

SC相模原は18日、薩川了洋監督が退任することを発表した。

昨季までFC琉球で指揮を執り、今季から相模原の新監督に就任した薩川氏。J3リーグでは20節終了時点で7位につけているが、17日に開催された第96回天皇杯神奈川県予選準決勝では関東サッカーリーグ1部に所属する横浜猛蹴に敗れ、その翌日に辞任が発表された。しかし、クラブからの要望により、薩川氏は強化部へと異動して今後もチームの強化にあたる。

同氏は退任に際し、クラブ公式サイトを通じて「真摯に結果を受け止めて、今自分が指揮をとらないことがチームにとってベストだと思いました」とコメント。続けて、「サポーターの皆様や関係者の皆様、短い間でしたが、あたたかいご声援をいただきありがとうございました。また、クラブ側から話しをもらい、今後は強化部の立場から相模原の発展に貢献したいと思います」と伝えた。

後任の監督は決まっていない相模原だが、次節は約一か月後、9月11日に大分トリニータと対戦する。新体制となる相模原の今後の戦いに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/18(木) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]