ここから本文です

Jリーグ公式インスタグラムも#足元くら部 柴崎岳がスパイク選びで重要視していることは……

theWORLD(ザ・ワールド) 8月18日(木)20時20分配信

鹿島で10番を背負う柴崎のこだわり

Jリーグは18日、Instagramで大人気「足元くら部」のハッシュタグをつけて鹿島アントラーズMF柴崎岳の“足元”を紹介している。

選手の写真以外にも、スタジアムの風景やJリーグ“文字弁”写真を投稿するなど、様々なアイデアでサポーターを楽しませてくれるJリーグのInstagramアカウントだが、今度は「足元くら部」のハッシュタグをつけて柴崎岳が愛用しているスパイクを紹介。また、柴崎もJリーグ公式Instagramアカウントを通じて、「重要視していることは、一番はじめに履いた時の感覚とフィット感」「皮は硬過ぎず、柔らか過ぎず、ちょうど良い硬さを維持して履けるようにしている」 「あまり数多くのスパイクは使わずに、しっかりケアをして良い状態のスパイクをより長く、壊れないように履くことが自分にとってもスパイクにとっても良い事だと思う」とこだわりを語っている。

今季から鹿島で、ジーコやレオナルド、ビスマルク、本山雅志が背負った10番を受け継いだ柴崎岳。序盤戦は開幕直前に負った怪我の影響もあり本来のパフォーマンスが発揮できなかったが、徐々に調子を取り戻し、1stステージ優勝に貢献している。チームは2ndステージに入り苦しい戦いが続いているが、“良い状態のスパイク”と共に戦い続ける柴崎のパフォーマンスに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月18日(木)20時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報