ここから本文です

福岡に千葉U-15出身の静岡学園GKが加入内定「1日でも早くレベスタで」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月18日(木)21時30分配信

186cmゴールキーパー

アビスパ福岡は18日、静岡学園GK山ノ井拓巳が2017年シーズンより加入することを発表した。

中学時代はジェフユナイテッド千葉の下部組織、現在は静岡学園でプレイする山ノ井は186cmのゴールキーパー。福岡への加入に際し、クラブ公式サイトを通じて「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ非常に嬉しいです。これも今まで支えてもらった両親や監督、コーチ陣、学校関係の皆様をはじめ応援してくださっている多くの人々のおかげだと思っています」とコメントしている。

続けて同選手は「アビスパ福岡ではサポーターの皆様に1日でも早くレベスタでプレイしている姿を見て頂けるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と新たな挑戦に向けた意気込みを語った。

今季5年ぶりとなるJ1リーグを戦う福岡は25節を終えて最下位と苦しい戦いが続いているが、来季も“J1”で新たなゴールキーパーをチームに迎えることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月18日(木)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。