ここから本文です

姫路で解体直前の駅舎に700人が見学

Lmaga.jp 8/18(木) 7:00配信

大阪万博よりも早い昭和41年に開通し、わずか8年でその生涯を終えた旧姫路市営モノレール「大将軍駅」。その取り壊し直前の8月13日・14日に一般見学会が開催された。

目にすれば間違いなく驚く、インパクトのある外観

本見学会は、主催した手柄山交流ステーションの担当者が「見学会には定員の10倍以上の4,000件を超える応募があり、当選者数を急きょ400人から700人に増やしました」と話すほどの人気ぶり。建物の4階をレールが貫通する元駅構内を係員の解説を聞きながら見学し、改札口やレール、駅名標など、参加者は思いおもいに写真におさめた。

建築から50年が経ち、40年以上使われなかったにもかかわらず、まだ使えそうなほど頑丈に見えるホームなど、参加者からはその姿に驚くとともに解体を惜しむ声が。 姫路市から参加した原聡さん(48)は「子どもの頃、この近くに住んでいて、モノレールに乗ったことを覚えている。このように斬新な駅はほかにない。観光資源として残ってほしかったが残念」と別れを惜しんだ。

取材・文・写真/合楽仁美

最終更新:8/18(木) 7:00

Lmaga.jp