ここから本文です

ハンギョレ、「記者たちが信頼する報道機関」9年連続1位

ハンギョレ新聞 8/18(木) 7:06配信

記者協会報、記者300人対象の世論調査結果 朝鮮日報、KBS抜き6年ぶり影響力1位 「イ・ジョンヒョン-キム・シゴン録音」関連 「大統領府の言論統制」76% THAAD配備に64.6%が反対… キム・ヨンナン法合憲…66%が「良い決定」

ハンギョレが9年連続で「記者たちが最も信頼する報道機関」1位に選ばれた。

 17日、韓国記者協会が発行する週刊誌「記者協会報」は、記者300人を対象にアンケート調査を実施した結果、「最も信頼する報道機関」の項目でハンギョレが1位(18.3%)を占めたと明らかにした。ハンギョレは2006年から実施された9回の調査で連続1位を記録した。JTBC(16.7%)、朝鮮日報(8.3%)、京郷新聞(6.3%)が後に続いた。「分からない」は26.7%だった。

 「最も影響力のある報道機関」1位は朝鮮日報(30%)が占めた。昨年この項目で1位だった韓国放送(KBS)は20.7%で2位に下がった。JTBC(11%)、SBS(5.7%)、連合ニュース(5%)、ハンギョレ(2.3%)が後に続いた。「分からない」は15.3%だった。

 セウォル号の惨事当時、大統領府のイ・ジョンヒョン広報首席が韓国放送のキム・シゴン報道局長に電話したという、いわゆる「イ・ジョンヒョン-キム・シゴン録音ファイル」と関連して、記者たちの76%が「大統領府の言論統制」と答えた。「広報首席としての通常業務」という応答は12.3%、「イ前首席の個人的逸脱」という応答は6%だった。「第20代国会が先ず推進すべきメディア懸案」としては、「公営放送の支配構造改善」(57.4%)、「新聞振興および地域放送支援政策」(57%)、『公営放送経営陣の報道介入実態聴聞会」(48.3%)、「解職言論人復職特別法推進」(22.3%)が挙げられた。

 在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対しては64.6%が反対、27.7%が賛成の意向を明らかにした。憲法裁判所の「不正請託、および金品など授受の禁止に関する法律」(キム・ヨンナン法)合憲決定に対しては、66%が「良い決定」、26.3%は「誤った決定」と答えた。

 今回の調査は世論調査機関ハンギルリサーチが受託し、今月5~10日に質問紙を利用した電話面接方式で行われ、標本誤差は95%信頼水準に±5.5%だ。

チェ・ウォンヒョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:8/18(木) 7:06

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]