ここから本文です

エヴァネッセンスのエイミー・リー、子供向けアルバム発売へ

Billboard Japan 8月18日(木)18時35分配信

 エヴァネッセンスのニューアルバムの予定が直近ではないなか、ボーカリストのエイミー・リーが自身の2歳になる息子、ジャックからインスピレーションを受けたという新たな音楽プロジェクトを立ち上げた。子供向けアルバムをリリースする。

 マンガや絵本で腕だめしをする他のエンターテイナーたちと同様、エイミー・リーは子供たちに向け、ゆったりとした音楽を目指した自身初のアルバムを制作した。全12曲からなる『Dream Too Much』は、Amazon Music限定で9月30日にリリースされる予定だ。エイミーは現在、同作からのタイトルトラックをRolling Stoneサイトで公開しており、そこではいつもよりキュートで可愛らしく努めたサウンドが聴かれる。

 その「Dream Too Much」はエイミー・リーのオリジナル曲ながら、同アルバムにはザ・ビートルズの「ハロー・グッドバイ」や、『セサミストリート』でバートとアーニーが歌う「Rubber Duckie」のカバーなど、お馴染みの曲も収録される。

 なお、同プロジェクトに関わっているのはエイミーだけではない。彼女の父親がウクレレやドブロ・ギター、バンジョーを演奏したり、姉妹のキャリーとロリはバックコーラスを担当、叔父のトムがギター、ベース、ハーモニカで参加するなど、非常に家族的な作品にもなっている。



◎AMY LEE - "Dream Too Much" Official Audio
https://www.youtube.com/watch?v=M6lcZCY9G1k

最終更新:8月18日(木)18時35分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。