ここから本文です

【先ヨミ】SKE48 節目の20枚目SGが30万枚超えでトップ!2位はEXILEの五輪ソング

Billboard Japan 8/18(木) 18:35配信

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年8月15日~8月17日までの集計が明らかとなり、SKE48の『金の愛、銀の愛』が断トツのトップに立っている。

 『金の愛、銀の愛』はSKE48の20枚目となるシングルで、表題曲は松井珠理奈が初主演を務めるドラマ『死幣-DEATH CASH-』に起用されている。今回の集計期間内に30万枚を超える断トツの売上枚数をたたき出しており、週間集計後のトップも固いだろう。2位はEXILEの『Joy-ride ~歓喜のドライブ~』。表題曲はフジテレビ系列リオ五輪中継テーマソングに起用されており、ボーカルのATSUSHIが日本を代表して戦う選手たちを思い、歌詞を書きおろした。3位は東京パフォーマンスドールの5枚目シングル『純愛カオス』が続いている。表題曲は疾走感あるダンスナンバーとなっており、こちらも、タイアップでアニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~』に起用されており、上位はテレビで耳にする機会が多い楽曲が揃った。

 4位はうたの☆プリンスさまっ♪のアイドルユニット2組が歌う、『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Dream CD』、5位は解散報道を受け、ファンを筆頭に購買運動が行われているSMAPの『世界に一つだけの花』となっている。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年8月15日~8月17日までの集計)
1位:『金の愛、銀の愛』SKE48 30.8万枚
2位:『Joy-ride ~歓喜のドライブ~』EXILE 4.5万枚
3位:『純愛カオス』東京パフォーマンスドール 3.8万枚
4位:『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Dream CD』(アニメーション) 2.3万枚
5位:『世界に一つだけの花』SMAP 1.7万枚

最終更新:8/18(木) 18:35

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]