ここから本文です

王さんとパーティー 高岡で世界少年野球

北日本新聞 8/18(木) 20:07配信

 第26回世界少年野球大会富山大会のウエルカムパーティーが18日、高岡市のホテルニューオータニ高岡で開かれた。大会に参加する15カ国・地域の子どもたちが、野球を愛する仲間との出会いを喜び、国や文化の違いを越えて友情を育んだ。

 大会を主催する世界少年野球推進財団理事長の王貞治さんが「積極的に話し掛け、たくさんの友達をつくってください」とエールを送り、「1週間後に皆さんの大人びた顔を見るのを楽しみにしています」とあいさつした。

 開催県を代表して石井隆一知事が「国境の壁を越えて交流してください」と述べ、県西部6市の市長の発声で乾杯した。

 パーティーには交流試合に参加する県内チームの選手を除く、155人が出席。料理はバイキング形式で振る舞われ、子どもたちはテーブルを囲んで仲良く会食した。

 アトラクションとして、和太鼓の演奏や、野球日本代表・侍ジャパンの公式マスコット「応援侍たまべヱ」の紹介もあった。

 19日は高岡西部総合公園野球場(ボールパーク高岡)で開会式や交流試合などを行う。

北日本新聞社

最終更新:8/29(月) 16:23

北日本新聞