ここから本文です

白色のユリ見頃 富山・中央サイクリングロードの200メートルに500本

北日本新聞 8/18(木) 22:40配信

 富山市下野の中央サイクリングロードで、近くの同市五福、団体職員、塚原安昭さん(69)が世話をしている白色のユリ約500本が約200メートルにわたって見頃を迎えている。

 塚原さんは、雑草が生い茂るサイクリングロードを美しくしたいと、2009年にボランティアでコスモスを植えた。季節に応じた花で同ロードを彩りたいとの思いから翌年にはユリの世話を始め、草刈りや水やりをしている。春にはスイセンが咲き誇るという。

 塚原さんは「ユリがこんなにたくさん咲いたのは初めて。ぜひ見てもらいたい」と話している。25日ごろまで楽しめるという。

北日本新聞社

最終更新:8/18(木) 22:40

北日本新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革