ここから本文です

創部2年の新鋭が見せた快進撃!牽引した2年生エースの今 【あの夏のヒーロー】

ベースボールキング 8/18(木) 12:45配信

創部2年で春優勝、夏は準優勝の快挙

 今年の甲子園で注目を集めた高校のひとつが、北北海道代表のクラーク国際。

 まずその名前が目を引くそのチームであるが、通信制の学校として初めての甲子園出場という快挙を成し遂げ、それも創部から3年でのスピード出場を達成。メディアでも大きく取り上げられた。

 初めての聖地では、10年連続出場という戦後最長記録を更新した聖光学院(福島)と対戦。3-5で敗れ、初出場での初勝利とはならなかったものの、甲子園常連校を相手に堂々たる戦いぶりを見せた。

 そんなクラーク国際よりも1年短い“創部2年目”での甲子園出場を果たし、甲子園初出場で初優勝を掴んだチームがいたことをご存知だろうか...。

 2004年のセンバツで優勝を果たし、夏も準優勝。春夏連覇こそ惜しくも逃したものの、快進撃で旋風を巻き起こしたのが、愛媛の済美高である。

甲子園で9勝をマーク

 そのチームを引っ張った男の名は、福井優也。現在はプロ野球・広島東洋カープでプレーしている。

 当時はまだ2年生ながら、春のセンバツでは甲子園初出場となったチームを牽引。大会史上初の「ナイター決勝」となった愛工大名電(愛知)との決勝戦を制し、チームを創部2年目での甲子園初出場・初優勝の快挙へと導く。

 さらに夏も準決勝までの4試合すべてで先発完投。春夏連覇がかかった決勝戦では、体調不良を押しての志願の登板もした。駒大苫小牧(南北海道)に立ち向かい、最終的には10-13で敗れたものの、初出場校の快進撃とそれを引っ張った2年生エースの活躍は、野球ファンの中に大きなインパクトを残した。


 翌年の夏、3年生になって甲子園に戻ってきた福井。この年は初戦こそ突破するも、2回戦で長崎・清峰高に敗退。1年前に果たせなかった優勝には届かなかったものの、甲子園通算9勝という文句なしの実績を引っさげ、秋のドラフトでは巨人から4位で指名を受けた。

 ところが、福井はこの指名を拒否する。巨人の入団拒否は1980年の4位指名・瀬戸山満年以来で25年ぶりということもあって話題になった。しかも、拒否した後は大学や社会人に所属することなく、1年間の浪人生活へ。そして1年後の2006年に早稲田大学へ入学した。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 12:52

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]