ここから本文です

鳴門の“うずしお打線”沈黙…エースが粘投も援護できず

ベースボールキング 8月18日(木)15時11分配信

第98回 高校野球選手権大会
明徳義塾 3 - 0 鳴門
<準々決勝 8月18日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会12日目を迎え、この日は準々決勝の4試合が行われる。

 第2試合では、明徳義塾(高知)と鳴門(徳島)の四国勢が4強入りを懸けて対戦。鳴門は、春季四国大会1回戦で惜敗を喫している相手との再戦に挑んだが、0-3で完封負け。準優勝を果たした1950年以来となる準決勝進出はならなかった。


 鳴門はエース左腕・河野竜生(3年)が先発。いきなり先頭打者に三塁打を打たれたが、後続はピシャリと抑えて無失点。上々の滑り出しに見えたが、2回に3本のヒットで1点を失い、先制を許してしまう。

 3回戦では11得点を挙げ、強打の盛岡大付(岩手)に打ち勝った“うずしお打線”も、この日は相手先発・中野恭聖(3年)の前に沈黙。3回までヒット1本に抑えられ、攻撃の糸口をつかめず、逆に追加点を許してしまう。

 4回、3本のヒットで1点を追加され、なおも一死一、二塁のピンチ。ここで打ち取ったショートゴロを日野洸太郎(3年)がファンブルして満塁となると、これで焦りが出たのか、河野は続く打者にストレートの四球を与えて痛恨の押し出し。0-3とされてしまう。

 それでも、後続は併殺に打ち取ってこれ以上の失点は許さず。粘って味方の反撃を待つ。


 鳴門は4回、5回と一死二塁のチャンスをつくるが、あと1本が出ずに走者を返すことができない。

 相手を打ち崩せず、次の1点が命取りになりそうな展開の中、好守がピンチを救う。7回、一死二塁とされるも、佐原雄大(3年)が三盗を阻止。

 その後も連打で一、二塁とされたが、続く打者のライト前への当たりで、矢竹将弥(3年)がホームへの好返球で間一髪アウト。3回戦では先発した矢竹が、さすがの強肩で追加点を阻止した。

 立て続けの好守に乗っていきたい打線だったが、相手の落ちる球に次々とバットは空を切り、5回以降は無安打。8回には死球で走者を出すも、代走の胡桃好伸(2年)が痛恨の盗塁失敗と反撃に持ち込めない。

 河野に代わって8回からマウンドに上がった尾崎海晴(3年)も、走者を出しながらも粘りの投球。2人合わせて13安打を許しながらも5回以降は無失点で踏みとどまったが、打線が3安打止まりと手が出ず完封負け。リベンジは果たせなかった。

 
▼ 鳴門・森脇稔監督
「河野はよく3点でしのいでくれた。打つ方が相手の緩急に対応できなかった。足も使おうとしたが、それも上手くいかなかった。攻撃が上手くいかず、相手バッテリーの術中にはまってしまった」

BASEBALL KING

最終更新:8月18日(木)15時13分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]