ここから本文です

好調・青木、代打で中前打&6戦連続安打 マリナーズ辛勝、再び貯金「9」

ベースボールキング 8月18日(木)15時9分配信

● エンゼルス 3 - 4 マリナーズ ○
<現地時間8月17日 エンゼル・スタジアム>

 マリナーズの青木宣親が17日(日本時間18日)、エンゼルス戦の9回に代打で出場し、自身6試合連続安打となる中前打を放った。チームも接戦をモノにし、再び貯金を「9」とした。

 前日に3安打をマークした青木だったが、この日は相手先発が左腕・スカッグスということもあり、5試合ぶりのベンチスタートとなった。それでも4-2で迎えた9回、一死走者なしの場面で代打で登場すると、5番手右腕・ラミレスから中前打を放った。

 この出塁は得点には繋がらなかったが、青木は好調ぶりをアピールし6戦連続安打をマーク。この試合は1打数1安打で打率を.262とした。

 青木は左翼の守備に入りマリナーズは2点リードのまま9回裏を迎えたが、新守護神のディアスが連打と自らの暴投であっさりと1点差に迫られる。さらに、一死満塁と逆転サヨナラのピンチを招いたが、最後は5番マルテを空振り三振、6番シモンズを三ゴロに打ち取り、2戦連続の逆転負けを回避した。

BASEBALL KING

最終更新:8月18日(木)15時48分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]