ここから本文です

今年も厚い壁に跳ね返された聖光学院…今年も優勝旗の“白河の関越え”ならず

ベースボールキング 8月18日(木)15時51分配信

第98回 高校野球選手権大会
北海 7 - 3 聖光学院
<準々決勝 8月18日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会12日目。今日は準々決勝の4試合が行われ、準決勝に進む4チームが出揃う。

 今年で10年連続出場となった甲子園常連・聖光学院(福島)は、悲願のベスト4進出をかけて北海(南北海道)に挑むも、3-7で敗戦。4度目の準々決勝も突破ならず、今年も深紅の優勝旗は白河の関を越えないことが決まった。


 この日の先発は鈴木駿輔(3年)。3回戦では春以来となる公式戦の登板で完投勝利を挙げ、ベスト8進出の立役者となった右腕に大役を託した。

 立ち上がりを無失点で切り抜けると、1回裏に味方打線が援護。不安定な大西健斗(3年)を攻め立て、鎌倉誠(3年)の犠飛と鈴木のタイムリー、さらには相手の暴投で3点を挙げる。

 ところが2回に鈴木が2点を返されると、4回にも二死一、二塁から連続タイムリーを浴びて逆転を許す。

 5回には先頭打者に一発を浴び、鈴木はここまでで降板。エースナンバー「1」を背負う左腕・鈴木拓人(3年)をマウンドに送るが、これが誤算。四球に暴投と制球が定まらず、1回をもたずに降板。後を受けた斎藤郁也(2年)も相手にセーフティスクイズを決められ、3-6と点差を広げられた。


 初回以降、立ち直った大西を前に沈黙した打線。走者は出しながらも相手の好守に阻まれる不運もあり、スコアボードにはゼロが並んでいく。

 1点を追加され、3-7で迎えた9回。ついに打線が意地を見せる。

 先頭、代打の曽和大輔(3年)が安打で出ると、途中出場の磯辺伶也(3年)も安打で続いて無死一、二塁。ここで門井泰寿(3年)は空振り三振に倒れたが、つづく打者の打球を相手のサードがファンブルする間に満塁のチャンスに。

 一死満塁、一発出れば同点...。ここで小泉徹平(2年)はピッチャー左へ痛烈な打球を弾き返すも、これをショートが横っ飛びで抑えて二塁へトス。ベースカバーのセカンドからファーストへとボールが渡り、まさかの併殺。

 最後まで相手の好守にチャンスを阻まれ続けた聖光学院...。2008年、2010年、2014年に続く4度目の準々決勝も壁を破ることはできず、ベスト8で散った。


▼ 聖光学院・斎藤智也監督
「甲子園ではミスをすると勝てないですね...。(先発については)迷いはなかった。相手打線の質が高かった。甘く入ったボールを一発で仕留められた」

BASEBALL KING

最終更新:8月18日(木)15時58分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]