ここから本文です

早川がまさかの2被弾…木更津総合はセンバツに続き準々決勝で涙

ベースボールキング 8/18(木) 20:11配信

第98回 高校野球選手権大会
作新学院 3 - 1 木更津総合
<準々決勝 8月18日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」も、大会12日目が終了。準々決勝の4試合が行われた。

 第3試合では、作新学院(栃木)と木更津総合(千葉)の関東勢が4強入りを懸けて対戦。センバツ8強の木更津総合は1-3で敗れ、春に続いて準々決勝で涙をのんだ。


 木更津総合はエース左腕の早川隆久が先発。今大会はここまで2試合連続完封で勝ち上がり、三塁すら踏ませぬ快投を披露してきた絶対的エースであるが、序盤の一発攻勢に沈んだ。

 初回、先頭から簡単に2アウトを取るも、2戦連発中の3番・入江大生(3年)に直球を左中間スタンドまで運ばれ、ひと振りで先制を許してしまう。さらに2回は三者凡退に打ち取ったものの、3回には2ランを浴びて0-3。あっという間にリードを広げられてしまった。


 早い段階で点を返していきたい打線も、今大会最速152キロをマークしている今井達也(3年)を前に力負け。5回に二死からラストバッターの大沢翔(3年)がチーム2本目のヒットで出塁すると、峯村貴希(2年)がポテンヒットと盗塁で二、三塁とチャンスを拡大。絶好機をつくったが、2番・木戸涼(3年)は速球に手が出ず見逃し三振。相手を乗せてしまった。


 4回以降、立ち直って無失点に抑える早川を援護したい木更津総合は7回、ようやく1点を返す。

 二死二塁から大沢が2打席連続となるヒットを放ち、1人が生還。2点差と迫る。しかし、さらに四球で一、二塁として相手を追い込んでいくも、ここで大沢がまさかの牽制死。反撃は1点止まりとなった。

 つづく8回にも、一死から3番の小池航貴(3年)がヒットで出塁すると、4番の鳥海嵐万(3年)がレフト線を破る二塁打。一塁走者は一気に三塁を蹴ったが、相手の中継プレーがここしかないというところに決まり、小池が本塁憤死。積極的な走塁が裏目に出て、追い上げムードを作ることができなかった。

 最終回も簡単に2アウトと追い込まれ、打席に立ったのは早川。151キロの速球に見逃しの三振に終わり、自身にとって3度目の甲子園は涙ともに終わった。


▼ 木更津総合・五島卓道監督
「相手の今井投手は素晴らしいピッチャーだった。なんとか後半勝負と思ったが、焦りの中でミスもあった。低めのスライダーには手を出すなと言ったが、なかなか上手くいかなかった。早川はホームランで本人が落胆する場面もあったが、よく最後まで粘ってくれた」

BASEBALL KING

最終更新:8/18(木) 20:12

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]