ここから本文です

レディー・ガガ、映画『スター誕生』のリメイクに主演

RO69(アールオーロック) 8月18日(木)18時50分配信

レディー・ガガが映画『スター誕生』のリメイクに主演することが決まった。

監督は、『ハングオーバー!』シリーズや『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・スナイパー』で有名な米俳優のブラッドリー・クーパー。ヴァラエティ誌によると、当初主演が予定されていたビヨンセがツアーとのスケジュールが合わせられず出演を辞退したため、ガガに白羽の矢が立ったという。

近年ガガは女優業にも進出しており、米テレビシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』に出演し、2016年のゴールデングローブ賞を獲得した。

1937年にオリジナルが公開され、その後1954年と1976年にリメイクされている『スター誕生』は、映画スターに憧れる女性エスターがハリウッドに行き、大スターのノーマンと出会い成功を掴んでいくというもの。

1954年版は映画業界、1976年版は音楽業界を舞台として描かれている。

映画の製作は2017年初頭に予定されているという。

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月18日(木)18時50分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。