ここから本文です

白良浜に巨大なトラ登場

紀伊民報 8月18日(木)16時41分配信

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で、大阪芸術大学の卒業生が縦3・6メートル、横9・1メートルのボードに絵を描いている=写真。作品は20日に完成する予定。

 白浜温泉旅館協同組合(白浜町)と大阪芸大による「白浜アートプロジェクト」の一環。今年で3年目。浜崎翔さん(23)=活動名・うきち=、中尾舜さん(23)=同・shun=、中村俊貴さん(23)=同・としお=でつくるグループ「透明回線」が14日から作業を進めている。

 作品ではトラと若い女性、2羽の鳥を鮮やかなアクリル絵の具で表現している。日没後は作品に照明を当てる「マッピング」という手法で、色が変化していくように見える演出をする。

 白良浜には連日、多くの海水浴客が訪れており、作業に見入ったり写真を撮ったりしている。浜崎さんは「グループは全国各地で活動しているが、白良浜での作業は見ている人からの反応があって楽しい。ここに来た人たちの思い出になればいい」と話している。

最終更新:8月18日(木)16時41分

紀伊民報