ここから本文です

ふるさと納税で連携 ANAと加賀市、航空便利用を促進

北國新聞社 8月18日(木)2時54分配信

 全日本空輸は「ふるさと納税」制度で加賀市と連携する。9月から、同社が運営するインターネットサイトで同市の概要や返礼品を紹介し、寄付者には航空券の購入に使える「ANASKYコイン」を贈って航空便利用の促進につなげる。同サイトに北陸三県の自治体が掲載されるのは初めてとなる。

 インターネットサイトの名称は「ANAのふるさと納税」で、ANAマイレージクラブ会員限定のサービスとなる。寄付1回につき100コインが付与され、1コイン=1円として使用できる。サイト上では現在、中国、九州地方を中心に21市町が紹介されており、9月には加賀市を含む19市町が加わるという。

 全日空にはコインを活用して航空券を買ってもらうことで、北陸新幹線金沢開業後に利用者数が減った小松―羽田便や他の路線の需要底上げにつなげる狙いがある。

北國新聞社

最終更新:8月18日(木)2時54分

北國新聞社