ここから本文です

ネイマールが開始15秒弾…ブラジルが圧巻6発、初の五輪金メダルへ王手

SOCCER KING 8月18日(木)3時21分配信

 リオデジャネイロ・オリンピック準決勝が17日(日本時間18日)に行われ、ブラジル代表とホンジュラス代表が対戦した。

 自国開催のオリンピックで悲願の初優勝を狙うブラジルは、グループステージ開幕から2試合連続でスコアレスドローに終わったものの、第3節デンマーク戦では4-0と快勝。グループAを首位で通過し、13日の準々決勝ではコロンビアを2-0で破ってベスト4入りを決めた。対するホンジュラスはグループDを2位で通過。準々決勝では韓国を1-0で破り、準決勝進出を果たしている。

 マラカナンで行われた一戦、スコアは開始早々に動いた。キックオフからわずか15秒、ゴールネットを揺らしたのはブラジルの背番号「10」だった。ホンジュラスの最終ラインへプレスをかけたネイマールがボールをカットすると、ペナルティーエリア内へと転がったこぼれ球にいち早く反応。飛び出してきた相手GKよりも先にプッシュし、弾かれたボールを身体ごと押し込んだ。

 まさに電光石火の一撃で先制に成功したブラジル。ネイマールはゴールシーンで胸部を痛めてピッチ外で治療を受けたが、プレーに復帰した。試合はブラジルが主導権を握り、ホンジュラスに対して攻勢をかける展開に。ネイマールら攻撃陣は相手の厳しい守備に遭い、ファウルを受けて痛む場面が何度も繰り返された。

 ブラジルの追加点は26分、ルアンが絶妙なラストパスを供給すると、ガブリエウ・ジェズスがペナルティーエリア左側に差し掛かった位置で反応。シュートコースを消しに来た相手GKとの1対1を制し、右足アウトサイドでゴールネットを揺らした。

 さらに35分には、ネイマールが最終ラインの背後へ鮮やかなスルーパス。走り込んでいたG・ジェズスが相手DFのマークを振り切ってペナルティーエリアに入ると、最後は豪快な右足シュートを突き刺した。前半は3-0で終了。ブラジルが優位に立ってハーフタイムを迎えた。

 3点リードの後半もブラジルは攻撃の手を緩めない。まずは51分、ネイマールの左CKからゴール前でフリーになったマルキーニョスがトラップからの右足シュートを突き刺して4点目。79分にはゴール前での華麗なパスワークで相手守備陣を無力化し、最後はルアンが難なく押し込んで5点目を挙げた。

 勝利を決定的なものとしたブラジル。ゴールショーを締めくくったのはネイマールだった。後半アディショナルタイム、ルアンがファウルを受けて得たPKのキッカーを務めると、冷静にゴール左隅へ決めた。

 試合は6-0で終了。ブラジルが圧巻のゴールラッシュを見せて決勝へ進出し、同国史上初の金メダル獲得へ王手をかけた。なおブラジルは今大会、5試合を終えて未だに無失点と安定した守備を誇っている。

 決勝は20日(日本時間21日5時30分)に行われ、ブラジルはナイジェリアとドイツの勝者と対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 6-0 ホンジュラス代表

【得点者】
1-0 1分 ネイマール(ブラジル代表)
2-0 26分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)
3-0 35分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)
4-0 51分 マルキーニョス(ブラジル代表)
5-0 79分 ルアン(ブラジル代表)
6-0 90+1分 ネイマール(PK)(ブラジル代表)

SOCCER KING

最終更新:8月18日(木)3時21分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。