ここから本文です

レスターに朗報、“MVP”マフレズが残留へ…2020年まで契約延長と発表

SOCCER KING 8月18日(木)9時38分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは17日、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズとの新契約を締結したと発表した。契約期間は2020年6月末まで。

 マフレズは1991年生まれの25歳。2014年1月からレスターでプレーしている。昨シーズンはプレミアリーグで37試合に出場して17ゴールを記録し、優勝に大きく貢献した。PFA(イングランドサッカー選手協会)の選手選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、そしてレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞と、3つのMVPを獲得する大活躍だった。

 今夏の移籍市場では他クラブへの移籍を決断する可能性が報じられ、アーセナルなどが新天地候補として浮上。去就が注目されていた。フランスメディア『フランス・フットボール』のインタビューでマフレズは「プレミアリーグは素晴らしいリーグだ。できる限り、ここに留まっていたいと思う。今のところ、オファーが来たとして、移籍を考えるクラブは世界中を見渡しても2つか3つしかない。僕が言おうとしていることはわかるよね」とコメント。移籍の可能性を示唆していたが、レスター残留を決断したようだ。

 レスターはマフレズとの新契約締結にあたって「リヤド・マフレズとの新契約締結を発表することができて嬉しく思う。彼の未来は2020年6月までフォックス(レスターの愛称)とともにある」と、喜びのコメントを伝えている。

SOCCER KING

最終更新:8月18日(木)9時38分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。