ここから本文です

「彼はモンスターだ」…ブラジル指揮官、“五輪最速”弾のネイマールに脱帽

SOCCER KING 8月18日(木)17時16分配信

 リオデジャネイロ・オリンピック準決勝が17日(日本時間18日)に行われ、ブラジル代表とホンジュラス代表が対戦。開催国ブラジルが6-0と圧巻のゴールラッシュを見せ、決勝進出を決めた。

 FWネイマール(バルセロナ)は開始15秒足らずで先制ゴールを決め、オリンピック“最速”ゴール記録を更新した。同選手について、ブラジルのロジェリオ・ミカーレ監督が称賛のコメントを残している。ブラジルメディア『グローボ』が報じた。

 試合後の記者会見に臨んだミカーレ監督は「彼はモンスターだ。フットボールをプレーすることで魔法をかけることができる。そんな才能を持った男なんだ。彼はこれからも伸びていくだろう」と、ネイマールを“怪物”と称して称賛した。

 グループステージ3試合を無得点で終え、批判が集中していたネイマール。しかし、準々決勝と準決勝で計3ゴールを挙げ、復活を遂げた。ミカーレ監督は背番号「10」への信頼と敬意を改めて強調している。

「1週間前、彼は難しい時間を過ごしていた。でも今は、大いに挽回しているね。何度も言っているように、我々は彼への敬意を示さなければならない」

 自国開催のオリンピックで悲願の初優勝を狙うブラジルは、20日(日本時間21日5時30分)に行われる決勝でドイツと対戦する。ミカーレ監督は「我々はまだ、何も勝ち取っていない」と力を込めた。

 会見時にはまだ、決勝の相手が決まっていなかった。ミカーレ監督は「どちら(ナイジェリアとドイツ)も極めてタフなチームだ。延長戦やPK戦に突入するくれたら、彼らは疲れてくれるのだけどね。それはジョークとしても、決勝は素晴らしい試合になるだろう」と冗談を交えてコメントしている。

SOCCER KING

最終更新:8月18日(木)17時16分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。