ここから本文です

阪南大DF甲斐が岐阜の特別指定に、「力になれるよう」

ゲキサカ 8月18日(木)14時1分配信

 FC岐阜は18日、阪南大のDF甲斐健太郎(4年=立正大淞南高)が2016年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたと発表した。背番号は41番に決まった。

 クラブは甲斐について、身体能力が高く、滞空時間が長く打点の高いヘディングで攻守において力を発揮するDF。攻撃の起点となるパスのフィード能力も備えると説明した。

 甲斐は「FC岐阜の特別指定選手として加入することになりました。岐阜の力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」と意気込みを綴っている。

プロフィールは以下のとおり

●甲斐健太郎
(かいけんたろう)
■ポジション
DF
■背番号
41
■出身地
大阪府
■生年月日
1994年11月1日(21歳)
■身長/体重
181cm/66kg
■サッカー歴
立正大淞南高―阪南大学(在学中)
■経歴
2013年 日本高校選抜
2014年 関西学生選抜
2015年 関西学生選抜

最終更新:8月18日(木)14時1分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。